軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

K4GP参戦記

K4GP参戦日記とチームにまつわる色々な話題を綴ります。

レンタルの総合ポータルサイト【レンタルナビ】
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
書いた記事数:461 最後に更新した日:2012/08/15
OTHERS
<< セパン24時間耐久 ヘアピンコーナー立ち上がりの映像 | main | セパンの打ち上げ in 新宿 >>

K4-GP セパン24時間耐久の魅力とは

JUGEMテーマ:車/バイク
 
二度目の参加となったセパン24時間耐久。

2年前の参加からずっと、「セパンの魅力は?」と聞かれると
「スコールや夜を経て、朝を迎える異国のサーっキットならではの何とも言えない空気」
と答えていました。

もちろんその素晴らしさもあります。

ただ今回は自身のチームだけでは遠征は難しく、
HaraCarsさんとの出会いがあったことで実現できたことが大きく、
一緒にいろいろ準備をしミーティングを重ね参加した今回は
本当のセパンの魅力がわかった気がします。

半年前(夏の富士1000km)では、すれ違っても知らない者同士だった
HaraCarsの皆さんや、異国で全く別の生活している外国人メンバー。

このセパン24時間耐久がなければたぶん知り合うことない人ばかり。

海外のサーキットで24時間走るなんてことを
本気で実現しようとする行動力ある連中が集まり、
同じ目標に向かって準備を重ね、24時間を共に走ると
年齢や時間、言葉の壁は凄まじい時間でなくなり、
何十年来の友達のような絆が生まれる。

これこそがセパン24時間の魅力ではないかと思います。



確かに前回の園田自動車の皆さんとも同様でした。
成田空港で「はじめまして」の方々も気がつけば昔からの仲間のようでした。

勝つことを使命とされているプロのレースではあり得ない
チーム内や他のチームの方々との出会いがある素晴らしきK4-GP。
こんな、とんでもないことを主催された杉山さんや、
それを実現していただいたスタッフのの方々にも本当に心から感謝いたします。

そして今年の夏は、また私とJIRO氏を中心に自身のチームを充実させ
#17園田自動車さん、#97HaraCarsさんたちと共に
よき仲間、よきライバルとして、1000kmを走ることが楽しみで仕方ないです。


にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
| K4GP参戦記 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
関連する記事
コメント
コメントする