軽四耐久K4GP参戦プロジェクト|レーシングチーム|富士1000km耐久|セパン24時間耐久|ホンダビート"HONDA BEAT"

K4GP.NET|K4-GP|2010年|富士1000km耐久| 軽四|セパン24時間|レーシングチーム|ホンダビートBEAT|画像|軽耐久|腕時計

K4GP参戦記

K4GP参戦日記とチームにまつわる色々な話題を綴ります。

レンタルの総合ポータルサイト【レンタルナビ】
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
書いた記事数:461 最後に更新した日:2012/08/15
OTHERS
<< 鈴鹿8時間エンデューロ参戦の体制発表 | main | 鈴鹿に向けて プロに教わるサイクルレッスン >>

K4-GP 富士スピードウェイ テスト走行レポート

JUGEMテーマ:車/バイク
セパン24時間耐久後はじめてとなる富士テスト走行。

我々チームのBEATはまだOH前の状態なので、
今回は1年半ぶりに#17 園田自動車アルトワークスと、
今年のセパン以来の#97 HaraCars カプチーノをドライしました。

天候はあいにくの雨でしたが、2年前のセパンで乗った#17ワークスと
今年のセパンで乗った#97カプチを両方ドライブできるうえに
久しぶりの富士のコースとあって、気分は上々!

まず前半の30分を#17ワークスで。
(後半はOISHIさんにバトンタッチ)
後半30分は#97カプチで。
(前半のTANAKAさんからバトンタッチ)

ウエットコンディションでは、本来FRカプチよりFFワークスが乗りやすいのですが
ワイドトレッドでひと回り大きいクルマに感じるカプチの方が
安心感はありました。

逆に言うと、ドライコンディションでは#17の旋回性の高さは
いいポテンシャルを発揮すると感じられます。

どちらも過給器のブーストがかかるとパワーを感じられ
コーナーからの立ち上がりは乗りやすいですね。

ってことは、コンパクトボディで高回転型NAエンジンの我等がBEATは??

まぁ今回は、お世話になっている2台を続けて乗れるというプレミアム感を
堪能させていただき、次回6月のテストデーに向けて、
この2台に負けない(クラスは違いますが)BEATに
少しずつ仕上げていこうと思います。

園田自動車さん、HaraCarsさん
そしてSuzukiさん、To-ra-ji-roさん
ありがとうございました。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
| K4GP参戦記 | 23:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
関連する記事
コメント
こちらこそ毎度お世話になっております。
BEATの変身楽しみにしてます。
  • no17suzuki
  • 2011/05/02 11:44 PM
コメントする